ネットビジネス 社畜からの脱出

《With Coin rescue》Phoenix Project(フェニックスプロジェクト)は期待出来るのか?


Ryoです^^


With Coin(ウィズコイン)に動きがありましたね。

元PMBグループ代表の山本裕二氏から、
テレグラムでこんな案内が届きました。

IMG_4246.png 


山本裕二氏はPMBグループを退任しているため、
ウィズコインオフィシャルではなく、
ウィズコインレスキューというグループで
今後活動をしていくと言う事みたいです。

そして、Phoenix Project(フェニックスプロジェクト)
と言うプロジェクトを8月1日から始めるそうです。


詳細はまだハッキリしていませんが、
5月30日までにウィズコインを購入した人を対象に、
Phoenix Club(フェニックスクラブ)と言う、
コミュニティーメンバーを募集するそうです。

そして、事業利益などの配当がもらえるそうです。

また、フェニックスクラブの登録時には、
ウィズコインの入手経路や条件を入力する事で、
松山光市の周りにいて、松山光市を
かくまっている人物の特定をする目的もあるそうです。


ただ、少し前と比べると、
ウィズコインに対して強気だった関係者達が、
もはや諦めモードに入っているのが気になります^^;


加えて、ウィズコインが
MERCATOX(メルカトックス)
上場した事に関して、
一切触れていないのはやっぱり不自然です^^;


松山光市が独断でやったと言う話もありますが、
それにしても、何かアナウンスが欲しいところ。


とは言え、少し希望が見えた事に違いはありません。

フェニックスクラブに関しての詳しい情報は、
8月1日までにウィズコインレスキューから
案内があるそうなので、もう少し待って見ましょう。


ウィズコイン、フェニックスクラブに関して、
情報が入り次第更新していきますね。

それでは。

bnr_header_pc_sozai_01.png 

《WithCoin》ウィズコインがMERCATOX(メルカトックス)に上場したはいいけど・・・


Ryoです^^


何かと話題のWithCoin(ウィズコイン)。

集団訴訟が進んでいると言う話もあるなか、
先日、MERCATOX(メルカトックス)と言う
仮想通貨取引所にゲリラ上場しましたね。

mercatox 
https://mercatox.com/

そもそもゲリラ上場ってなんだよって話ですが、
知っていた人も一定数いるみたいですね。

ウィズコインがHitBTCから追放されてから、
何故かウィズコインを買い取っている人が、
ツイッターなどで見かけられましたから。


ただ、未だにウィズコイン公式から
なんのアナウンスもないところを見ると、
素直に喜ぶような状況ではないです。

そして、上場して数日経過した、
現在のウィズコインの価格は1satoshi・・・

およそ0.01円という悲惨な状況^^;

ICOで松山光市から買った人は、
1枚3円で買っている訳ですから、
資産が300分の1に減っていると言う状況です。


僕もなんだかんだあり、
50万枚ほどウィズコインを持っていますが、
現状は電子ゴミとしか言えませんね・・・

僕は大半を0.3円で買っていますが、
それでもそれなりの損失です・・・
まぁまだ笑えるレベルの損失ですが。

ただ、今なら1万円で100万枚ほど変えるので、
ギャンブル感覚で買っておいても面白いかもですね。

もちろん、オススメはしませんが(笑)


松山光市に対する集団訴訟も進んでいる中、
今回のメルカトックスへの上場は
火に油を注いだだけのような気もします。

なんか、訴訟に不利にならない為に、
とりあえず上場させました感があります^^;

現実は、上場させたことにより、
売り圧が激しく、一気に0.01円まで大暴落です。

まぁ誰でも予測出来た事ですよね。


ただ、ツイッターなどをみていると、
一部インサイダー情報を掴んでいるっぽい人たちが、
ウィズコインの今後の展開について、
ほのめかすような発言をしています。

ウィズコインの運営は、
内輪揉めしているような状況ですし、
責任者である松山光市は逃亡中・・・

どう考えても明るい未来を感じませんが、
もうしばらく放置以外にないので、
僕は忘れて放置しておきます。

なにせ、現状最低価格と言う事は、
今より悪くなる事はないわけですからね(笑)


今回僕も改めて痛感しましたが、
やっぱり投資は余剰金でが鉄則ですね。

詐欺詐欺と言われながらも、
なんだかんだ動きのあるウィズコイン。

ホルダーの方は、過度な期待はせずに、
一緒に気長に待ってみましょう^^

≪証拠画像あり≫僕が日給84,000円稼ぎ続けている投資術

ネクストバイナリーアカデミーの詳しいレビュー


それでは。

《今井きょうへい》PATRON(パトロン)ICO割れに関する苦しい言い訳


Ryoです^^

今日は今井きょうへい氏の、
PATRON(パトロン)のICO割れに関して。

【前回の記事はこちら】

もう知っている人も多いと思いますが、
言い訳がちょっとヒドイと感じ他ので、
少しだけ記事を書いています。


ICOアドバイザーじゃなかったの?


今井きょうへい氏は、
自身はICOアドバイザーだと言っていました。

そして、PATRONに関しては、
短期間で資金が増えると煽って販売しました。

まぁそれをそのまま鵜呑みにしたのも迂闊ですが、
今井きょうへい氏の言い訳LINEを見ると、
PATRONの価格が下がるのは分かっていたそうです(笑)

IMG_E91311F6D0A9-1.jpeg 

あれだけ資産が増えると煽って、
今になって暴落は想定内って・・・

だったら、ICOで1PAT0.5ドルで買わずに、
上場して暴落した時に買いましょう!
ってアドバイスするのがアドバイザーでは^^?

近々、TEAMocta(チームオクタ)という、
今井きょうへい氏が所属するコミュニティの
新メディアが立ち上がるそうです。

そこで何を発信するのか。

もう社会的信用はゼロなので、
何をやっても信用されないでしょうけどね^^;

そもそもこのTEAMoctaって、
パトロントークンを大量購入した人が、
招待されるコミュニティだったはずです。

その時点で、もう話が変わっています。
もうめちゃくちゃ(笑)

まぁそのアナウンスを待ってみます。

とりあえず強制ガチホですね^^;

それでは。


《All from Links》実践検証最終回 返金方法と刑事告訴に関して


Ryoです^^

これまでLINKプロジェクトを潜入調査しましたが、
本当にひどいものでした^^;

悪い意味で、良い経験出来ました(笑)

検証もひと段落したので、
今回で最終回にしたいと思います^^


とりあえず、僕自身の近況としては、
教材代(98,000円)と口座残高(80,002円)の
合計「178,002円」は返金させました。

実際最初から捨てたつもりのお金だったので、
別に返金させる必要もありませんでしたが、
これも検証の為に返金交渉してみました。

一応ほぼ全額返金させたので、
あとは損失分(19,998円)はどうするつもりだ?
と請求メールを送っているところです。


LINK事務局に返金させる方法



コメントをみていると、
1割しか返金されないと言う人多いですね。

色々いちゃもんを付けられているようですが、
教材代は全額返金保証があるので、
その画像を送りつけて、強気でメールしましょう。

ただ、画像を貼り付けると、
エラーで帰ってくる事が多かったので、
僕が保存した販売ページのURLを貼って、
ここに載っている全額返金保証を適用しろ!
の方が良いかもしれないです。

LINK販売ページ魚拓
http://archive.is/ONgK8


あくまでも強気でいってください。

弱気だったり、情報弱者だと思われると、
向こうが強気になります。

・1日3万円どころか損失が出ている。
・購入時の特典が配布されていない。
・503エラーで購入できない事がある。

僕はこれらの事を送って、
早急に返金しろとメールしました。


あと、基本的に返金は
電話しか受け付けていないそうですが、
僕は一度電話で返り討ちにしたせいか、
黙って口座に返金されていました(笑)

SS 2018-05-09 232252 

そもそも、電話掛けてこいと言うくせに、
掛けると出ないんですよね^^;

マジで福田秀平もLINK事務局もカスです。

もし電話で対応する事になっても、
あくまでも強気でいきましょう。

1日3万円の利益が出ていないから、
全額返金保証で返金しろ!

これだけで良いです。


福田秀平、LINK事務局の刑事告訴に関して


コメントやメールの中にも、
刑事告訴したいと言う方が結構います。

ただ、個人的にはオススメしていません。

過去に、バイナリーオプションの高額塾で、
フリーマンスタイルと言う業者の4名が逮捕されています。


この事例から考えれば、
福田秀平を逮捕まで持っていく事は可能かもしれません。

ただ、刑事告訴はメリットがあまりないです^^;
お金も戻って来なくなる可能性がありますし。

むしろお金と労力が掛かります。

そんなのどうでも良いから逮捕して欲しい!
と言う人もいるかもしれませんが、
ここは返金させる事に注力した方が懸命だと思います。

とは言いながらも、
僕自身問い合わせメールを散々無視されて、
福田秀平とLINK事務局にはムカついています。

今問い合わせているメールがまた無視されたら、
本当に刑事告訴してやろうかと思っています(笑)

とは言え、僕も大ごとにはしたくないので、
被害者の方に返金させる事に注力したいと思っています^^


あと、闇雲に訴えるぞ!
と言うメールや電話をするのは逆効果だと思います。

ハッタリだと言うのがバレると、
相手も、どうぞご自由に・・・となります。

僕は散々言いましたけど(笑)
ただ、証拠を揃えて追い詰めましたが。


いずれにしても、強気で権利を主張してください。
1割返金なんて、舐められている証拠です。

今回は全額返金保証をしろ!と言うだけです。

LINK事務局には返金させて、
そして、2度と甘い言葉を鵜呑みにしないように
気を引き締めてください。


《追記》潜入調査して思った事


今回の件で僕が感じた事です。
被害者の方に是非読んで欲しいです。



それでは。


《All from Links》実践検証第12回 詐欺確定なので「参加費全額返金」させた話


Ryoです^^

沢山のコメントいただきありがとうございます。

色々とコメントいただきましたが、
僕自身ここまで検証を続けてきて、
LINKプロジェクトは確実に詐欺だと確定しました。

まぁ初めから分かってやってましたけど(笑)


とりあえず、参加費は全額返金させた


で、結局LINKプロジェクトの参加費で98,000円。
運用資金として口座に100,000円支払って、
合計198,000円の出費でした。

個人的には別に20万円ぐらい別にいいや・・・
って感じでしたが、LINK事務局の態度に腹が立って、
返金させてやる事にしました^^

みなさんご存知かと思いますが、
本当にLINK事務局はレベルが低いです。

うちの幼稚園児の息子の方が立派です(笑)


電話は繋がらない、メールは返ってこない。
場合によっては容量オーバーで届かない・・・

そのくせ、「これ以上無視するなら刑事告訴」するぞ!
と送ると、速攻で電話が掛かってきたり^^;

まぁバカ丸出しでしたね(笑)


ですが、最後までおちょくったような態度だったので、
今まで保存しておいた返金保証などの画像を活用したら、
全額返金は簡単にしてきました。

ただその際も何の連絡もなかったので、
気が付いだら口座残高が増えていたという感じです。

SS 2018-05-09 232252

メールやコメントを見ていると、
いちゃもん付けてきて、返金に応じなかったり、
1割ぐらいしか返金してもらえないという方がいますが、
対応の悪さや、返金保証などを持ち出せば返金します。

僕の方で保存したLINKプロジェクトの販売サイトに、
証拠となる画像などがあるので、それを活用してください。



あとは、損失分の補填をどうさせるか


とりあえず、参加費の98,000円は返金させたので、
あとは口座に振り込んだ100,000円をどうするか。

責任者らしき人物と電話で話した時は、
口座に入金したお金も返すという話でしたが、
最終的には「出金申請してください」ときました。

ただそうすると、入出金の手数料と合わせて、
運用での損失(2万円程度)の補填をどうするつもりか?
という事を現在確認中です。


さっきも言いましたが、
別にあと10万円ぐらいどうだっていいんです。

いつも言っていますが、詐欺教材に騙された時、
返金活動に熱を入れすぎるのは反対です。

僕もかつて30万円の高額塾詐欺に遭い、
当時は本当にお金がなく、借金を追いましたが、
その悔しさと不甲斐なさをバネにして
そこから少しずつ稼げるようになりました^^

あそこで返金活動に熱を入れていたら、
また別の詐欺教材に引っ掛かるだけだったと思います。

そんな暇があれば次に繋げよう・・・
そう思えた事が今に繋がっているんですよね。


とは言え、LINKプロジェクトは、
全額返金保証とでかでかとアピールしていました。
(今は消されていますけど^^;)

なので、それを提示して、
約束どおり全額返金しろ!と言うだけなので、
それはやっておきましょう。

一部して返金してもらっていない人も、
再度追求してください。


あとみんな忘れていると思いますが、
借金帳消しマニュアルなどの特典も配布されていないので、
その辺りも合わせて突っ込むと良いかもです。


僕は、なんども言いますが、
LINK事務局の不誠実さに腹が立ったので
追求しているだけです(笑)

あと残りの損失分の補填。
これに対してどんな対応をしてくるか。

楽しみにしています(笑)
また報告しますね^^

それでは。

≪証拠画像あり≫僕が日給84,000円稼ぎ続けている投資術

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットビジネス 社畜からの脱出 All Rights Reserved.
https: