Ryoです^ ^



先日、仮想通貨の名称を暗号資産に改称すると発表がありましたね。


G20などの国際会議においても、暗号資産という名称が一般的になりつつあるそうです。

それに合わせて、日本でも統一しようという流れですね。


angoushisan01.jpg 


何故仮想通貨から変更になったのかを、簡単に解説していきます


法定通貨と誤解しないようにする為


やはり通貨と聞くと、円やドルなどの法定通貨を思い浮かべます。


ですが、ビットコインなどの仮想通貨が

法定通貨と同列かと言えば違いますよね^^;


一時200万円を超えていたのに、今では40万円程度


これだけ不安なものを、通貨とは言えません。


実際に通貨として使われると言うよりは、

投機対象になっているだけという状態でしたもんね


ブロックチェーンの技術などは素晴らしいですが、

やはり法定通貨のように浸透するのは難しいという事でしょうか。


たしかに通貨と言うよりは、資産の方がまだしっくりきます。



また、コインチェックのNEM(ネム)流出を皮切りに、

多くの取引所からコインが流出しました。


ネムは、モロに被害を受けました(笑)


加えて、マネーロンダリング(資金洗浄)の

温床になってしまっていた部分もありました。



今後は通貨ではなく、

株式などの証券に近い扱いになりそうですね。



暗号資産の今後はどうなるのか?


これだけ聞くと、
仮想通貨の未来は暗いんじゃ・・・
と思いがちですが、意外とそうでもなさそうです。

というのも、
これまで無法地帯だった仮想通貨界ですが、
コンプライアンスを遵守できるものだけが生き残り、
胡散臭いものが排除されると思われます。

angoushisan02.jpg 

そうなれば、
本当に価値のあるプロジェクトに資金が集まり、
暗号資産全体が良い流れになるのではないでしょうか。

一時は本当に詐欺まがいのICOが
毎日のようにリリースされてましたからね^^;

僕も悪名高いウィズコイン持ってますし(笑)



という訳で、
今後仮想通貨がどうなっていくかは分かりませんが、
今回の件は、決して悪い事ばかりではないのではないかと思っています。

このまま業界全体が成熟していくといいですね^^

それでは。