役立つ情報のカテゴリ記事一覧

ネットビジネスで社畜から脱出しましょう。まずは副業から。情報商材レビューやネットビジネス界の事+僕の日常w

カテゴリ:役立つ情報

  • 2019/09/21役立つ情報

    Ryoです^^10月にいよいよ消費税が10%になりますね・・・有効に使ってくれるなら何の文句もないんですけどね^^;ところであなたは、ペイペイやメルペイなどの電子決済サービス利用していますか?まだ登録もしていないというあなた、今後は絶対に利用するべきですよ^^10月から政府がキャッシュレス施策でキャッシュバックを展開ニュースなどで取り上げられているのでご存知の方も多いかと思いますが、10月からの9か月間、対象...

    記事を読む

  • 2018/12/16役立つ情報

     Ryoです^^最近はメールボックスが、スパムメールで溢れていますが、そんな中、悪質なメールがあります。それは、楽天市場の自動返信メールを装った、フィッシング詐欺メールです。ショップ名は、Akindoオンラインショップとなっています。楽天市場で購入した際に、自動ですぐに返信されるこれです↓ 見覚えのある方も多いと思います。これ、実際に僕に届いた詐欺メールです。いわゆるフィッシング詐欺ですね。個人情報...

    記事を読む

  • 2018/01/21役立つ情報

    Ryoです^^いつになってもなくならない高額塾詐欺。最初は完全無料で全て教えると言っておきながら、最終的には数十万円〜数百万円の高額塾へ誘導する流れです。これ自体は決して悪い事ではないのですが、ほとんどが価格と内容が見合っていないものばかり・・・そもそも、1日5分で100万円とか言っている訳ですから、実現可能な訳がないんですけどね^^;以前詐欺教材の見分け方を書いた事がありますが、本日はもっとシンプルに...

    記事を読む

  • 2017/11/12役立つ情報

    Ryoです^^先日メインブログの方でもお話ししましたが、何者かにDDoS攻撃を仕掛けられていた為、ここ数週間、ブログにアクセス制限が掛けられていました。詳しくはこちらをご覧ください↓DDoS攻撃に遭いました^^;その為、アクセスしていただいても、サイトが表示されないと言う事態に陥っていました。さらに、僕の対応が遅れたせいで、一時グーグルの検索からも完全に外れてしまいました^^;あれだけ検索上位に上がっていた記...

    記事を読む

  • 2016/05/19役立つ情報

    Ryoです^^最近本当に程度の低い無料オファーが溢れています。片手間で50万円とかホントバカみたいな謳い文句が無くなるどころか、増えてますからね^^;詐欺まがいの無料オファーは基本的に全て構成は同じで、まず何をして稼ぐかを伏せたまま登録させて、レンタカーなどを使い自分がお金持ちアピールをしますwwwで、最終的に何で稼ぐかだけを紹介して、その手法を知りたければ、数十万円の高額塾に入って下さい。という感じです...

    記事を読む

≪キャッシュレス時代≫10月に備えてキャッシュレスの準備をしよう

Ryoです^^

10月にいよいよ消費税が10%になりますね・・・
有効に使ってくれるなら何の文句もないんですけどね^^;

ところであなたは、ペイペイやメルペイなどの電子決済サービス利用していますか?
まだ登録もしていないというあなた、今後は絶対に利用するべきですよ^^

10月から政府がキャッシュレス施策でキャッシュバックを展開


ニュースなどで取り上げられているのでご存知の方も多いかと思いますが、10月からの9か月間、対象店舗でキャッシュレス決済すると、政府(経済産業省)から5%のキャッシュバックがあります。 20190710_img01.jpg
そして、ペイペイはこれに合わせて5%のキャッシュバックキャンペーンをすると発表しています。
paypay-keisansyo[1]
つまり10月以降、ペイペイで支払いをすれば10%がキャッシュバックされるんです。

現金で支払えばそれで終わりですが、ただ支払い方法を変えるだけで10%還元なら使わない手はないです。
1万円分の買い物で、1,000円戻ってくるので結構デカいですよね^^

少し前にセブンペイの不正アクセスなどあったので、セキュリティの面を心配している方も多いと思いますが、基本的には安心だと思っています。

と言うか、セブンペイは二段階認証設定がなかったですからね・・・今どきあり得ない。
むしろ登録の段階で、二段階認証設定がない時点で銀行口座情報なんて登録しちゃ駄目です。

メルペイ始めるなら今しかない!!


ちなみに僕はペイペイとメルペイとラインペイを使っていますが、キャンペーンが一番強烈なのはメルペイですね^^

少し前も70%還元とかやってましたから。

僕は毎朝コンビニのコーヒーを買うのですが、キャンペーン中は180円のコーヒーをメルペイで支払うと、翌日に126円分のポイントがキャッシュバックされていました。

実質54円で毎日コーヒーを飲めていたという訳です。

繰り返しますが、なにか面倒な作業などをするわけではなく、支払い方法を変えただけでここまで変わってくるんです。

なんとなく不安だからという理由で避けている人が多いと思いますが、本当にもったいないと思います。

ちなみにですが、メルペイは9/18(水)~9/30(月)まで、新規登録者限定で50%還元をやっています。
D8CF3433-A1BA-498A-931B-1072182E9CA1[1]
上限が3,000ポイント還元となっていますが、上限いっぱいまで利用すれば、6,000円で9,000円分の買い物ができちゃいます^^

コンビニでちょっとお菓子屋飲み物を買って300円支払っても、翌日に150円分が戻ってくるんです。

これを使わない手はないです。

しかも今は、新規登録キャンペーンをやっているので、登録するだけで1,000円分のポイントがいきなり貰えます。(紹介者コードが必要)
merpay_susumeru_01[1]
まさに、登録するなら今しかない!という状況です。

使い方を工夫すれば、リスクはない


それでもまだセキュリティ面などが不安だという人もいると思います。
正直、僕も完全に現金を持ち歩かないというのはちょっと考えられません^^;

それこそ、災害などで停電してしまった時に支払いできなくなってしまうなどのリスクはあります。

なので僕は、必要最低限のみをチャージするようにしています。

また、登録する銀行口座もメインでしようしているものではなく、使っていなかった口座を登録しています。
そして、必要な金額をその口座に入金して、そこからチャージしています。

そうする事で、万が一不正アクセスされても損失額を最小限に抑える事ができます。
まぁそんな事しなくても、不正利用された場合は保証されるので心配ないんですけどね。

いずれにしても、なんとなく面倒くさい、なんとなく不安という理由で使わないのは本当にもったいないです。
メルペイの50%還元は今月末までなので、是非この機会に使ってみてはいかがでしょうか^^

翌日に50%還元されて中々減らない残高を見れば、もう現金払いには戻れなくなりますよ(笑) メルペイはスマホのメルカリアプリの中の機能なので、メルカリアプリをダウンロードしてください。 メルカリ
ちなみに、登録時に招待コードで「GJMCCS」と入力してもらうと、お互い1,000ポイント貰えるので、是非お願いします(笑) それでは^^

《Akindoオンラインショップ》楽天市場を装った詐欺メールに要注意

 
Ryoです^^

最近はメールボックスが、
スパムメールで溢れていますが、
そんな中、悪質なメールがあります。

それは、楽天市場の自動返信メールを装った、
フィッシング詐欺メールです。

ショップ名は、
Akindoオンラインショップとなっています。

楽天市場で購入した際に、
自動ですぐに返信されるこれです↓

rakutensagi01.png 

見覚えのある方も多いと思います。

これ、実際に僕に届いた詐欺メールです。
いわゆるフィッシング詐欺ですね。

個人情報や、クレジットカード情報などを
盗まれてしまう危険があります。


パッと見た感じ、
本物の楽天市場からと思ってしまいそうですね^^;

僕も最初は普通にびっくりしました。

全く買った覚えのない、
40インチの液晶テレビが突然、
購入ありがとうざいますメールが届く訳ですから(笑)

まぁそれが狙いなんですけどね。

こんなもの買ったっけ?
と言う素朴な疑問で、
リンクをクリックするように誘導します。


もう一つの罠として、
メールの後半にある購入者情報。

rakutensagi02.png 

当然の事ながら、
これが全く知らない住所です^^;

そのため、不正利用されたのでは?

と言う不安を煽り、
クリックさせると言う感じですね。

本当にパッと見た感じが、
楽天市場からのメールそっくり。


ちなみにショップ名は
Akindoオンラインショプとなっており、
実際にある「PCあきんど」さんに似せています。

結構有名なショップさんです。
僕も利用したことあります。

PCあきんどさんも、
ツイッターなどで注意喚起しています。

本当ショップからしたらいい迷惑です。


繰り返しになりますが、
本当にパッとみ楽天市場からのメールです。

Akindoオンラインショップに限らず、
身に覚えのないメールのリンクは、
クリックしないように用心してくださいね^^

それでは。


特定商取引法に基づく表記の話


Ryoです^^

いつになってもなくならない高額塾詐欺。

最初は完全無料で全て教えると言っておきながら、
最終的には数十万円〜数百万円の高額塾へ誘導する流れです。

これ自体は決して悪い事ではないのですが、
ほとんどが価格と内容が見合っていないものばかり・・・

そもそも、1日5分で100万円とか言っている訳ですから、
実現可能な訳がないんですけどね^^;

以前詐欺教材の見分け方を書いた事がありますが、
本日はもっとシンプルに詐欺業者が見分けられる、
特定商取引法に基づく表記のお話です。


特定商取引法に基づく表記(特商法)とは


特商法というのは、インターネット上で何か販売する際に、
名前や住所、電話番号などを記載しなくてはいけないという法律です。

これがしっかり表記されていないと、厳密には法律違反になります。

ただ、現状としては特に罰則などはなく、
表記していなくても問題になるケースはほとんどありません。

ですが、真っ当な販売者であれば、しっかりと表記しています。


登録ページの最下部にあるこういうやつですね↓

SS 2018-01-21 105840 


しっかりとした教材の販売者であれば・・・

SS 2018-01-21 110012 

これは僕のオススメしている教材の、
こんな感じで必要事項がしっかりと記載されています。

対して、詐欺教材の特商法はと言うと・・・

 SS 2018-01-21 1101401 

これは無料オファーのものなので、
教材の販売ページの特商法と一概に比較はできなとは言え、
一見しっかり表記されているようで、内容は全く違います。

よく見ると、自分に都合の良い事ばかり書かれています^^;


最近非常に多いのが、電話番号の記載がありません。
これは詐欺教材には本当に多いです。

冒頭でも少し触れましたが、
しっかりと記載されていないと法律違反になります。

そして、赤枠で囲った「利益や効果は保証しない」の一文。

これ自体はほとんどの教材に記載されている事ですが、
このオファーの登録ページにはこんな言葉が・・・

SS-2018-01-17-233133.png 

登録ページではデカデカと100%利益保証と言っておきながら、
特商法では利益や効果は保証しないと逃げ道を作っているんですね。


更にその下の赤枠で囲った部分。

登録した個人情報は第三者に渡すよ・・・と書かれています。

つまり、無料だからと言って気軽に登録すると、
個人情報が漏れてしまうと言う事です。


最近はまず無料オファーで、とりあえずアドレスを登録させて、
その後LINEに招待して、高額塾へ誘導すると言う流れが主流ですが、
無料だからと言って登録すると個人情報を抜かれる可能性があります。

もちろん怪しい教材で、特商法をしっかり記載している事もあるので、
一概には言えませんが、特商法がしっかりしていなければ、
その時点で詐欺だと思ってOKです。

簡単に確認できる事なので、少しで怪しいと思ったら、
アドレスを登録する前に特商法もチェックしてみてください^^

それでは。

【厳選】Ryoのイチオシ教材


【旬の仮想通貨で稼ぐ】最小限の資金とリスクで資産を構築

【記事作成不要】月5万稼ぐ、自動資産構築法

≪証拠画像あり≫僕が日給84,000円稼ぎ続けている投資術


ネットビジネスにおけるリスク回避の重要性


Ryoです^^

先日メインブログの方でもお話ししましたが、
何者かにDDoS攻撃を仕掛けられていた為、
ここ数週間、ブログにアクセス制限が掛けられていました。

詳しくはこちらをご覧ください↓

その為、アクセスしていただいても、
サイトが表示されないと言う事態に陥っていました。

さらに、僕の対応が遅れたせいで、
一時グーグルの検索からも完全に外れてしまいました^^;

あれだけ検索上位に上がっていた記事たちが、
検索に引っ掛かりすらしなくなりましたからね・・・

今はサーバーを引っ越して、
無事解決しましたが、改めてリスク回避の重要性を痛感しました。


一つの稼ぎに依存するのはとても危険


これは僕自身もネットビジネスを勉強する中で、
常々言われ続けてきた事ですね。

要するに、100万円稼ぐサイトを1つ作るのではなく、
10万円稼ぐサイトを10個作るべきと言う事です。

今回の僕のケースで言えば、
僕がこのブログの稼ぎしかなかったとしたら、
アクセス制限が掛かっていた数週間は稼ぎ0になっていました。

そう言ったリスクを回避するのはとても重要と言う事です。

1つがダメになっても、他の9個が稼働していれば、
そこまでダメージは大きくないですからね^^


加えて言えば、何か一つの手法や媒体に依存するのも危険ですね。

例えば一昔前流行った日本語ドメイン。

ドメインを狙いたいキーワードにすれば、
内容がスカスカでも上位表示されると言う時期が有りました。

その為、その時期は検索上位が、
日本語ドメインのゴミブログで溢れかえっていました^^;

当然これは一種のバグみたいなものなので、
すぐにグーグル側も修正して使えなくなりましたが、
こう言った手法に依存していた人は、すぐに消えました。


あとは、ツイッターやフェイスブックなどの、
外部の媒体だけに依存しすぎるのも危険ですね。

こう言ったSNSはあくまでも有効活用する為のもので、
ツイッターだけで稼ぐとかはちょっとリスク高すぎます。

だって、アカウント凍結されたらもう終わりですから^^;
自分の力ではどうする事もできません。

ツイッターだけで稼げる時代なんて一瞬で終わりました。

ただ、今でも集客の手段として有効に活用する事はできます。
要するに何か一つに依存したやり方は危険と言うことです。

何か一つ異常が出たらもう終わりという状況は、
誰か1人でも会社休んだら回らなくなる、
ブラック企業みたいなものですからね^^;


なので、一つ稼げるブログができたとしたら、
それに全精力を注ぐのではなく、
次に目を向けて作業して行く方がリスクは回避できますよ^^

それでは。

≪ネットビジネス詐欺≫捏造画像を見極めて被害を防ぐ方法


Ryoです^^

最近本当に程度の低い無料オファーが溢れています。
片手間で50万円とかホントバカみたいな謳い文句
無くなるどころか、増えてますからね^^;

詐欺まがいの無料オファーは基本的に全て構成は同じで、
まず何をして稼ぐかを伏せたまま登録させて、
レンタカーなどを使い自分がお金持ちアピールをしますwww

で、最終的に何で稼ぐかだけを紹介して、
その手法を知りたければ、数十万円の高額塾に入って下さい。

という感じです。

まぁ本当に酷いと最後の最後まで
何で稼ぐかすら明かさないパターンもありますが^^;


で、ネットビジネス経験がある程度あれば、
こういった詐欺まがいの無料オファーは高額塾は
ページを開いた瞬間に見抜くことが出来ます。

ですが、ネットビジネス未経験者や情報弱者の方は
いとも簡単に騙されてしまうんですよね^^;

詐欺商材の簡単な見分け方をまとめてあるので、
お時間があればこちらをご覧ください。



上記に加えて、詐欺商材の実践者の声や実績画像は
大抵捏造されたもので、フリー素材が使われている事が多い^^;

最近レビューして被害者が続出している、
こちらの投資詐欺の無料オファーもプロフィール画像が
他のサイトから勝手に引用していますwww



そこで、ご存じの方も多いとは思いますが、
捏造画像の簡単な検索方法をご紹介したいと思います。


怪しいサイトの捏造画像の調べ方



やり方は非常に簡単です。

まずはGoogleのサイトを開きます。
右上にある、画像をクリックします。

googlegazou01.jpg 


あとは怪しいと思われる画像をドラック&ドロップするだけ。
これだけで類似している画像を検索できます。

特に実践者の声の画像は本当に酷いもんです^^;

同じ人物が違う名前や住所でバンバン引っかかる事もありますw
もうこの時点でそのサイトは詐欺確定です。

画像検索は1分も掛からないので、
ちょっとでも怪しいと感じたら是非試してみて下さい。

怪しげな無料オファーは大抵やってますからw

それでは。




カテゴリ
Copyright © ネットビジネス 社畜からの脱出 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます