Ryoです^^


本日もネットビジネスと脳科学のお話です。

と言っても、ネットビジネスだけに限らず、
日常生活でも有効活用できる内容です。


「だいたいできた」は脳にとって悪影響!?


作業している物事が完了する瞬間が近づいたとき、
「ほとんどできたな」と考える事、ありませんか?

多くの人が考えてしまう事だと思いますが、
実はこれ、脳のパフォーマンスを低下させています。


理屈としては、「できた」と思ってしまうと、
脳が「この案件はもう考える必要なし」と判断し、
脳の血流が減少して、思考力が低下するという訳です。


すると最後の詰めの作業が捗らなくなってしまい、
結果、思うような結果が得られなくなります。

会議やミーティングなんかで、終わりが見えてくると、
全員の集中力が切れるのも、このせいですね^^;

「できた」「終わった」と考えてしまう事により、
脳はモチベーションを失ってしまうという訳です。


その為、終わりが見えてきた時にこそ
ここからが本番」という考える事が重要です。

そうする事で、脳の血流が増加して、
思考力と脳のモチベーションがアップします^^


終わりが見えると、つい「ほどんど終わったな」と
考えてしまいがちですが、最後こそ気を引き締めて
「ここからが勝負だ」と考えてみて下さい。

今までよりも、脳を有効活用できますよ^^

それでは。


【記事作成不要】月5万稼ぐ、自動資産構築法 



ネクストバイナリーアカデミー
カテゴリ
タグ